ニュース

藤原竜也の座長ぶりに感嘆!?『僕だけがいない街』プロデューサー・春名慶氏が映画公開中だから明かす、製作の裏側!

東放学園映画専門学校で、映画『僕だけがいない街』のプロデューサー・春名慶さんが映画業界を目指す在校生や、入学予定の高校生に向けてのトークイベントを開催しました。
その模様をレポートします!
 
DSC00774
 
春名さんは始めに「僕の役割は企画プロデューサーというのが表現として当てはまります。」と自身の映画製作における役割を説明し、「日々、色々な原作を探しているのですが、1巻が出たばかりの頃にたまたま朝日新聞の書評をみて、「僕だけがいない街」というタイトルがいいなと思ったのと、SFサスペンスというギャップが気になり取り寄せたのですが、(原作を読む)手が止まらなくなりました。」と、原作との運命的な出会いを明かしました。
 
「2巻が出るか出ないかのタイミングで角川書店さんに映画化をしたいとオファーをしましたた。その時は、まだマンガ大賞にノミネートする前で、先手必勝で獲得しました。」と語り、映画化の権利を取得した後には50社以上のオファーがあったと原作の注目が高かったことを明かしました。また、春名さんの友人のプロデューサーのなかには「アレやるんだってね、何か一緒にできないかな。」と交渉する人もいたそう。
 
映画『僕だけがいない街』の前にも、『アオハライド』、『ストロボ・エッジ』など原作のコミックスが10巻以上の作品を映画化している春名さん。
気を付けていることについて問われると、
「(10巻以上の原作を)2時間に収めるという作業が一番大変。」と吐露し、「良いシーンだけを集めると、ただのハイライトになってしまうので、主人公の感情がつながらなくなってしまう。(主人公の)感情のうねりをどう作っていくか、そして名シーンをいかに合理的に配するかに苦心します。」とコメントしました。
 
実は企画が立ち上がった時にはコミックスは完結していなかったそうで、春名さんは「漫画家の先生は小説家と違ってネームを書きながら考えていて、特に連載物は読者の反響をみて取り込む余白を残しているんだと思います。」と分析。「三部(けい)さんはまだラストについて、観念的なものはあったが着地点を明確には決めていませんでした。脚本の道しるべになるものを頂けないかとお願いして、6枚の(漫画の概念を)抜粋したメモをもらい、そこから脚本を考えました。」と、終着点が決まっていないところから映画の脚本を作り上げたことを教えてくれました。
 
MCから後藤法子さんの脚本が上手くできていると絶賛されると、「プロデューサーは心細い生き物なので一人ずつ味方を作るのが仕事です。平川監督も心強いですが、脚本も心強い人が欲しい。」とプロデューサーの仕事を説明しながら「『神様のカルテ』で初めて彼女と仕事をしました。(脚本の)第一稿から完成度の高い人で、この作品にピッタリだと思ってお願いしたら快諾していただけました。」と、今までの経験から彼女に依頼したことを明かします。
 
春名さんは映画のプロデューサーという仕事を「ビルや家を建てるときに、設計図を描くけれども、その図面を最初に引くことがプロデューサーの仕事だと思います。」と説明。
「原作をピックアップしてこの監督だったらいいかな?などと、自分の経験値から導きます。心細いのでチームを作っていくのが映画プロデューサーの仕事。」と具体的な仕事内容を、これから映画業界を目指す若者に語りました。
 
プロデューサーとして作品選びで心がけていることは「とにかく売れているから(映像化権を)取りに行こうという考え方もあるけれども、年間出来る本数に限りがあるので、自分の興味があるタイトルや、表紙のデザインから入ります。」とし、「今まではラブストーリー系が多かったので『僕だけがいない街』は今までの作品群と違って異色。」と、本作との出会いが特別だったことを明かしました。
 
話は現場での裏話へと移り、MCに有村架純さんについて問われると、「まじめな子でウソがない。『ストロボ・エッジ』でご一緒したのですが、原作を読んだときになんとなく有村さんでいこうと思いました。」とコメント。実は有村さんが演じる愛梨という役は原作では高校生の設定で、春名さんは映画で有村さんを起用するために設定を変えたことを明かしました。
「愛梨は悟がリバイバルしていることを全く知らないけれども、悟のメンター的な存在。悟との距離感が難しいので現場で悩んでいました。」と、女優・有村架純の苦悩も明かしました。
 
さらに、主演の藤原竜也さんはよく特殊能力を持っている人の役を演じていると、MCが春名さんに投げかけると、
「私が彼にお願いしているのは、どれも普通の人の役なんですよね。また、今回は座長でしたので、現場でも細やかに目を配っている感じでした。」と、藤原さんを絶賛。
本作の撮影時に、営業中の居酒屋の前に人だかりができてしまったそうですが、その日の撮影終了後に、宣伝スタッフから電話があり、藤原さんが打ち上げを行いたいとのことで、指定の場所に向かうとその居酒屋だったとのこと。
「藤原君は、お店の営業に迷惑をかけたと思ってそのお店で打ち上げをやったと思います。座長とはこのことだと思いました。」と、映画スタッフのみならず、その周囲への気配りも欠かさない、藤原さんの懐の深さを明かしました。
 
本作のメガホンをとった平川監督のことを「大体現場でイライラしている人」と冗談めかし、
「撮影現場は撮ってる時間は5%で、残りの95%は準備に時間がかかるので(監督は)早くとりたいという熱量があるから。」と、監督という仕事に情熱を傾ける平川監督の姿を教えてくれました。
また、春名さんは『その時は彼によろしく』で初めて平川監督と仕事をし、「彼を映画の世界に引き込んだ責任がある…!」と笑いを誘いました。
 
本作のミステリー感を引き立てる音楽については
「映画の半分は音楽で出来ていると思います。映画を撮って、編集をして、音楽を入れます。音楽をどう選ぶのかは原作を読んでいる時から、主題歌も含めて考えています。」と、音楽に重きを置いていることを明かしました。そのうえで、『ストロベリーナイト』の音楽を担当していた林ゆうきさんを「SFサスペンス」を作るならば彼しかいないと抜擢したそうで、監督、脚本家、音楽と思い通りの配置となったと満足げに語りました。
 
最後に、これから映画業界を目指す学生たちから質疑応答を行い、会場は熱気に包まれたままトークイベントは終了しました。

オリジナル・サウンドトラック発売決定!

「僕だけがいない街」オリジナル・サウンドトラックが4月6日(水)発売になります!
 
STLC025_H1
 
発売日:2016年4月6日(水)
品番:STLC-025
定価:¥3,000円+税
発売元:サウンドトラックラボラトリー
 
※Amazonと一部店舗のみで販売
http://www.amazon.co.jp/dp/B01CZN7T9O/

大ヒットの理由は藤原竜也、「架純パワーです!」 カメラマン・有村架純が藤原竜也を激写!?大ヒット御礼舞台挨拶レポート

この度、3月24日(木)に映画の大ヒットを記念して、キャスト登壇による舞台挨拶を実施しました。
その模様をレポートします!
 
【メイン】_F3A0172小
 
本作を鑑賞後、興奮が冷めやらず熱気に満ちた会場に、はち切れんばかりの拍手とともに「大ヒットおめでとう!」という声援に迎えられ、藤原竜也さん、有村架純さん、平川雄一朗監督が登場。3月19日(土)より公開の本作は、既に興行収入が4億円を突破し大ヒット(3月23日時点で4.4億突破、動員35万人突破)!
 
藤原さん:「こんなに温かく受けいれてもらって本当に感謝しています。大ヒットがあんまり実感ない。大変な思いをして撮ったものが、多くの人々に受け入れてもらえてすごく嬉しいです。たくさんの人に集まっていただきありがとうございます。」
有村さん:「公開してまだ間もないのにこういった形で舞台に立たせていただけるのが嬉しいです。これからも観ていただける機会が増えていけば嬉しいです。」
平川監督:「お越しいただいて、映画を観ていただいて本当にありがとうございました。色々な思いがあるかと思いますが、一人でも多くの人に伝えていただいて広がっていくことを祈っています。
 
男女の隔たりがなく幅広い世代から支持されている本作。特に10代後半から20代の支持を受けていて、リピーターも多いとMCから伝えられると感謝しきりのみなさん。
藤原さん:「ありがたいことです。原作にこれだけファンの方がいる作品ですから、監督が仰ったと思いますが、色々な意見がみなさんあるかと思います。良いことも悪いことも感想を監督にぶつけていただければと思います(笑)。色々な意見がある中で、映画は観ていただいて初めて成立するもの。年齢問わず幅広い世代に観ていただけるのは非常にありがたいことです。」
有村さん:「自分と近い年の方々に観ていただいているので親近感があります。原作ファンの10代20代の方に来て頂いているのかなと思いました。」
平川監督:「若い世代に指示いただけると考えていなかったから嬉しい。」
 
_F3A0135小
 
MCに本作の大ヒットの理由を問われると、藤原さん「これはやっぱり架純パワーにつきる(笑)!」と満足げに答え、藤原さんと平川監督は「ありがとう!」と合いの手を入れました。
有村さんは「(私は)何もやっていないので(笑)。原作ファンの人が期待して観にきていて、竜也さんファンの人がたくさん足を運んでくださっていると思う。」と大ヒットの理由を分析しました。
 
また、作品を観た観客からはSNS上で「泣けた!」との声が多い本作。心打たれたシーン、印象的なシーンを聞くと…。
藤原さん:「架純ちゃんとの河原のシーン。大変な撮影をしていたので印象的。平川監督の子役時代の幼少期の見せ方がうまい。クリスマスツリーじゃないけど満天の星の下で木を見上げるシーンが非常に印象的だった。」
有村さん:「私も2月なのにクリスマスツリーといって、二人(の距離)が近づいてくるところ。加代ちゃんが悟の手を合わせて手袋のサイズをはかるシーンにすごくキュンキュンしました。」
平川監督:「嬉しいですね。僕も編集したりして何回もみているんですど、その都度違うんですよね、感情が入る部分が。自分でやっていて面白い。」
 
_E2A0033小
 
本作では、原作でも人気のセリフ“言葉って口に出して言っていると本当になる気がする”という愛梨の印象的なセリフが登場しますが、自身の夢に向かって頑張ったエピソードについて。
藤原さん:「雑誌の取材でよく言うんですが、映画って特に、強烈にこういう作品、監督、台本とやりたいと思うと離れていってしまう。何も考えていない時にふと素敵な本が届いたりする。自分としては、すごく大切だと思うけど、離れることがある。僕は繰り返しなのかな。思うことと、思わないことの繰り返し」
有村さん:「地元の兵庫県で何もない女子高生だったんですけど…オーディションを受けて面接して合格して、すぐ上京した形で。それまではオーディションに受からなくて、高校2年生だったのでそろそろ進路を決めなきゃという時期で、次受からなかったら進学しようと思っていた。そして受かって、今このようにしています。愛梨の夢を追いかけるところがすごく共感できる。」と、自身の女優までの道のりと演じた愛梨を重ね合わせ、藤原さんは「こういうことがあって今の架純ちゃんがあるんですね。素晴らしいです!」と有村さんを絶賛しました。
 
最後のフォトセッションでは、本作のキャッチコピー“あの日をもう一度、生きることができたなら今度は手を離さない”にちなみ、藤原さん、有村さん、平川監督が手を繋いでのフォトセッションを実施。さらには、本作でカメラマンを志望するヒロインを演じる愛梨を演じた有村さんがカメラマン役となり藤原さんを激写しました。
 
_E2A0013中
 
フォトセッションの最中には有村さんが「笑ってください!僕街ポーズをしてください!」と藤原さんと平川監督へカメラマン顔負けの指示だしをしました。
撮影を終え、藤原さんは「まあまあ普通でしたよ」と余裕の表情を見せ、平川監督は「撮られる感じが良かった(笑)」と満足げにコメント。
興奮に包まれた中、大ヒット舞台挨拶は幕を閉じました。
 
★最後に一言
 
藤原さん:「3カ月前位から舞台挨拶、キャンペーンをしました。皆さんの前に出させていただくのは今日が最後。作品を皆さんに託して、良い意味で作品が独り歩きしていくと思います。ほっとして安心している。この3カ月の間に皆さんから力をもらった。寂しい気持ちもあるけど、ほっとした気持ちもあります。この3カ月たくさんのパワーをもらいました。新しい春を迎えて沢山いいことがあることを願っています。素敵な春を満喫してください。ありがとうございました。」
 
有村さん:「この映画に生きている登場人物は、一つの勇気を持って生きていると思っていて、その勇気がいろんな可能性をもっていると思います。新学期を迎える方、新社会人の方、
一つの勇気を持ちかえってほしいと思います。」
 
平川監督:「10代、20代、小さいお子さんからおじいちゃん、おばあちゃん、家族で観ていただいても分かる映画になっていると思うので、みなさんお力をかしてください。どうぞよろしくお願いいたします。」

日本語字幕版上映のお知らせ

下記日程で『僕だけがいない街』日本語字幕版の上映を行います。
 
◆日程
4/3(日)、4/4(月)
 
◆劇場
東京  新宿ピカデリー
大阪  なんばパークス
名古屋 ミッドランドシネマ
札幌  シネマフロンティア
福岡  UCキャナルシティ
 
上映時間等は各劇場にお問い合わせください。

漫画家の主人公を演じた藤原さんが衝撃の手書きポスターを披露し一同爆笑!初日舞台挨拶イベントレポート

漫画・アニメともに高い評価を受け、実写映画にも期待が高まっていた『僕だけがいない街』が満を持して3月19日(土)より公開となりました!
その初日舞台挨拶の模様をレポートします。
 
_AAA1145s
 
公開を待ちわびていたファンで満席となった新宿ピカデリーでは上映前舞台挨拶の開始前からボルテージは最高潮!
藤原竜也さん、有村架純さん、及川光博さん、鈴木梨央さん、中川翼さん、石田ゆり子さん、平川雄一朗監督の7名が呼び込まれると場内からは大きな拍手が沸き上がりました。
 
藤原さん「ようやく初日を迎えられ、こんなに大勢の方に集まっていただき感謝しています。雨はやみましたか?緊張と不安もありますが、これから観ていただいてどんな反応をいただけるか楽しみでもあります。楽しんで下さい。」
有村さん「今日は天気がどうなるかと思ったけど、雨もやんだようで良かったです。去年の夏に皆で一生懸命作った作品ですので、よろしくお願いします。」
石田さん「大勢の方に来ていただき、ありがとうございます。藤原さんが雨男なので、やっぱり!と思いましたが雨がやんで良かったです。」
及川さん「苦しくも楽しい現場でした、口下手なので多くを語れないですが、よろしくお願いします。」
鈴木さん「出来上がった映画をみてハラハラドキドキしました。すごく面白くて見ていただくと感じるものがあると思います。」
中川さん「初めまして!今日この日をとても楽しみにしていました!」
平川監督「やっぱり竜也は雨男ですね(笑)。この日を迎えられてとてもうれしく幸せです。これからご覧になる方々の前なので、ネタバレはしゃべれないですけど、よろしくお願いします。」
とそれぞれ挨拶をしました。
 
MCから映画の現場がどうだったか聞かれると、雨男疑惑がもちあがった藤原さんは「そういえば雨で3日位撮影ができない時があって、自宅で待機なんて“楽だな”なんて思っていたら後半になるにつれスケジュールが厳しくなっていって、石田さんとのシーンなんて普通は撮影が中止になるような台風が直撃した日にやりましたよ(笑)。悟の役は、大変ではあったけど、いい意味で楽しくやらせてもらいました。子ども時代の二人の方が大変だったと思います。」といつもと違った役柄を演じ新鮮だったことを伝えるとともに、子役への気遣いも見せる男前なコメントで会場を盛り上げました。
 
有村さんは演じた愛梨の役柄について「すごく難しくて、監督と話し合いながら創り上げていきました。人の心に入り込むことができる役柄で、悟への好奇心で近づいていくのが、うっとおしく見えないように心がけました。」と答え役作りへのこだわりを語りました。
 
石田さんは演じるにあたって「藤原さんの母親というのがはじめは腑に落ちなかったけど(笑)、翼くんのお母さんでもあり、原作で素敵に描かれている役だったので、演じられて幸せだったし、楽しかったです。」と役に対しての思いを伝え、及川さんは子役と一緒の現場が多かったことについて「同業者でライバルだと思ってやっていました(笑)。翼とはお芝居のことも良く話したし、梨央ちゃんは言うことが無いくらい凄い!人生設計も完璧で先輩について行きます!」とコメントし会場を沸かせました。
 
また今回演じた雛月加代が「今までで一番大変だった。」とかねてから語る鈴木さんは「加代の気持ちになろうと、原作を何度も読んで表情を真似したり、ドキュメンタリー作品を見て、自分で追い込んでいくのが難しかった。」とコメントし、そのしっかりした答えに周囲を感心させました。
また子供時代の悟を演じた中川さんも「見た目は子どもで中身は大人という役を演じるのは難しかったけど、監督に追い込んでもらえたから役に集中できました。」とコメントしましたが「ちょっとつらいときもありました。」と本音がポロリとでて周囲の笑いをさそいました。
 
平川監督は子役に対しても厳しかったことをつっこまれると恐縮しながらも「役者の皆さんの影の努力が凄いなと思いました。」と感謝の意を述べました。さらに、本作において謎解きが重要な要素の一つということで、藤原さんと有村さんにマル秘裏話を聞くことに。藤原さんがMCから何か裏話が無かったかと聞かれると「裏話…ありました?皆普通じゃなかったですか……。」と思いつかない様子。すると有村さんが「先日取材の際に藤原さんに私の似顔絵を描いていただいたんですけど、すごく独特で…。」とコメント。藤原さんも「漫画家志望の役なので。」と応えると、MCに促され藤原が直筆で映画のポスターを書くこととなりました。「絵は描いたことないんですよ。」と言いながらもいざパネルが持ち込まれると筆も軽やかに書き始めますが……。
 
_CCC6404s
 
完成したポスターが披露されるとあまりの独特さに場内も微妙なリアクションに。
MCに翼くんどうですか?と聞かれると言葉に詰まりながらも中川さんは「じょ、上手だと思います。僕は本当にこんな絵描けない…。」とコメント、鈴木さんも「上手です。」石田さんも「上手だと思います。」と続けますが、及川さんが「駄目だと思うよ。」と一刀両断。立ち位置すらも逆に描いてしまった藤原さんに突っ込みを入れていました。
 
_CCC6410s
 
最後に藤原さんが「皆で大変な思いをしながら創り上げた作品がようやく公開となりました。大人気原作ということで監督にも大きなプレッシャーがかかったと思いますが、ご覧いただいて気に入っていただけ無かったら監督に言って下さい(笑)。一人でも多くの方にご覧いただきたい作品になっていますので、皆さんの声援を力に変えていければと思いますので、気に入っていただけたら応援よろしくお願いします!」とコメントし、大盛り上がりの舞台挨拶は幕を閉じました。

『僕だけがいない街』大ヒット御礼舞台挨拶決定!!

本日公開となった『僕だけがいない街』の大ヒット御礼舞台挨拶が決定しました。
 
【上映劇場】丸の内ピカデリー1
【日時】3月24日(木)14:45の回(上映後)
【登壇者】藤原竜也、有村架純、平川雄一朗監督(敬称略、予定)
【公式サイト】http://www.smt-cinema.com/site/marunouchi/
【チケット販売】劇場窓口&劇場HPにて好評販売中です!
http://www.smt-cinema.com/site/marunouchi/
※チケットの販売はお一人様6枚までとさせていただきます。
※満席になり次第、販売を終了致します。
 
【料金】
一般1,800円/大学生1,500円/小中高生・幼児(3歳以上)1,000円/シニア(60歳以上)1,100円/夫婦50割引(2名で)2,200円
※特別興行につき、各種割引券・各種招待券・株主優待・SMTMembersクーポンなどはご利用いただけません。
 
【作品公式サイト】www.bokumachi-movie.com
 
【注意事項】
・パソコン・スマートフォンからご購入頂けます。
・先着販売となりますため、規定枚数に達し次第販売を終了させて頂きます。
・いかなる場合においても途中入場はお断りさせて頂きますので、ご了承ください。
・全席指定となります。チケットをお持ちでない方はご覧になれません。
・転売・転用目的の購入は固くお断り致します。
・ムビチケカードはWEB・窓口にてご使用頂けます。
・特別興行のため各種招待券、株主優待カード、SMTメンバーズクーポンはご利用頂けません。
・場内でのカメラ(携帯カメラを含む)、ビデオによる撮影・録音等は固くお断りいたします。
・お電話でのご予約は承っておりません
・ご購入後の座席変更、キャンセル、払い戻しは承っておりません。
・当上映回はマスコミが入る場合がございます。予めご了承ください。
・当日は手荷物検査を行う可能性がございます、予めご了承ください。
・登壇者および舞台挨拶は、都合により予告なく変更する場合がございます。

3/19(土)19:15~LINE LIVEで特番配信決定!

LINE株式会社が運営するライブ配信サービス「LINE LIVE(ラインライブ)」にて、3月19日(土)19:15より『僕だけがいない街』の初日舞台挨拶後の打ち上げの様子を生配信します!
公開初日舞台挨拶を終えた二人が参加する、打ち上げ会場にLINE LIVEのカメラが潜入。
当日はここでしか見られない独占映像や、ハート連動のスペシャル企画も実施予定です。打ち上げだからこそ言える撮影秘話が聞けるかもしれません!
 

映画「僕だけがいない街」LINE LIVE 初日打ち上げ特番
■ 配信日時:2016年3月19日(土)19:15~ ハート連動企画
■ 出演者:藤原竜也、有村架純他
■ 配信URL:https://live.line.me/r/channels/21/upcoming/2904
 
※番組内容は変更となる可能性がございます。
 

藤原竜也&平川監督が広島へ! 藤原竜也、「原作が最大のヒントであり答え」

2月25日(木)に東京で実施された完成披露試写会を起点に、名古屋、大阪、福岡へと赴き、今回は広島の地で舞台挨拶を実施いたしました。
 
DSC_4145
 
満員の劇場に藤原竜也さん、平川雄一朗監督が登場。
本作に主演の藤原さんは「多くの原作のファンがいる作品を平川監督が上手に仕上げてくださっています。この広島の地がキャンペーン活動の最後なんですが、本当に多くの方に見て頂いて、楽しんでいただければと思います。」と挨拶。
 
本作のメガホンを務めた平川監督は「今日は足元の悪い中お越しいただきありがとうございます」と、観客を気遣いながら「1200通ぐらいの応募があったと聞いていますが(笑) その中から選ばれた270名の運の良いみなさんに見ていただけて嬉しく思います。」と挨拶しました。
 
原作の「僕だけがいない街」は、“このマンガがすごい!”に3年連続ランクイン、“マンガ大賞” に3年連続ノミネートされ、映像化のオファーが殺到し権利争奪戦となった三部けい原作の大人気コミックス。
藤原さんは「原作ファンを裏切らない作品になっていると思います。原作の印象が本当に面白くて。原作が最大のヒントであり答えですからね。たくさんのアイディアを原作からいただきました。」と原作に助けられたことを明かし、平川監督は「自分なりには原作の持っている魂を受け継いでできたと思っています。」と自信をのぞかせました。
また、漫画の実写化作品に数多く出演している藤原さん。
自身が演じた藤沼悟について「まぁ、普通~の役ですからね(笑)なのでふつ~に現場に入って、さくっとやって帰ったと言ったら違いますが(笑)そんな感じでした(笑)」笑いを誘いながらも「この「リバイバル」という現象を支える架純ちゃんたちが一番大変だったんじゃないかなと。役柄同様に架純ちゃんたちに本当に支えられました。」と共演者たちについて振り返りました。
 
本作では主演の藤原さんをはじめ、有村架純さん、及川光博さん、杉本哲太さん、石田ゆり子さんと豪華なキャストが勢ぞろい!
平川監督は「映画自体に大きな嘘があるんですが、その中で生きていく人たちには嘘がない感じが一番しっくりくるなと思って、その点を大事にしていました。」とキャスティングでこだわった部分を明かしました。
また、平川監督は「緊張感はありましたけど、座長(藤原さん)が和やかにしてくれていました。」と撮影現場を振り返りながら藤原さんを絶賛。
 
一方藤原さんは「どの現場でも大変なんですが、複雑なシーンの連続だったので、良い緊張感の中でやらせてもらいました。」と撮影現場の雰囲気を振り返りました。
 
藤原さんは広島によく訪れるそうで、藤原さんは「何回も来させてもらっているので色々な思いではあるんですが、さっき初めて聞いたら広島はレモンの生産が日本一なんですって?それがびっくりしました。先ほどレモンのお菓子をいただいたので、しっかり持って帰ります。」と新たな発見を報告。
平川監督は「サンフレッチェ広島ですかね、意外と強いっていう(笑)でも原爆ドームがあったりと、考えさせられる街だなと思っています。」と、広島という街に想いを馳せました。
また、広島と言えばカープですが、西武ライオンズ大ファンの藤原さんは交流戦などで訪れたマツダスタジアムについて「行きたいんですけどね。なかなかいけません…!今年の交流戦6月なんですね、スケジュール確認しときます(笑)」と野球話に花を咲かせ、「カープファンは地元愛がすごく強いイメージがあります。一致団結してる感じも。」と、自身の目線でカープを分析。
 
さらに、カープのイメージカラーは「赤」ですが、藤原さん演じる悟のアルバイト先のピザ屋の制服も「赤」と共通点が。
もし、藤原さんと平川監督が今の仕事に就く前に≪リバイバル≫するとして体験したい仕事やアルバイトについてMCに問われると、藤原さんは「僕は14、5で演劇の世界に入って上京してきたんですけど、マクドナルドでバイトしてみたかったです!」と明かし、平川監督は「僕は、もう今まで一通りやったんで、もういいです(笑)」とコメントしつつも「もし竜也くんがマクドナルドでバイトしてたら、スマイルをタダでもらいに行こうと思います(笑)」と付け加えました。
 
この舞台挨拶は上映前に行われたもので、特に見てほしいシーンについて
「ラストシーンです。竜也くんがどうなるのか。」と平川監督が答え、
「現場のみんなで、どうしたらみんなに納得してもらえるのかというのをずっと考えながら作ったので、ラストに向けての流れを見ていただけたらなと。」と藤原さんもラストについて熱を込めました。
 
 
★最後に一言
 
藤原さん:
今日は広島、宣伝活動最後の土地ということで、今日これから東京に帰って、初日19日に向けてもうちょっと僕ら頑張って宣伝していきたいと思います。
みなさんの応援が大きな力になると思うので、是非初日に向けてよろしくお願いします。
 
平川監督:
ミステリー映画なんですが、怖いことはありません。スタッフ・キャストといろんな人の想いが詰まっていますので、楽しんでいただけたらと思います。

藤原竜也&平川監督が福岡へ! 平川監督が藤原竜也の演技を大絶賛!!

2月25日(木)に東京で実施した完成披露試写会を起点に、名古屋、大阪へと赴き、今回は平川監督の地元・九州は福岡で舞台挨拶を実施しました。
その模様をレポートします。
 
YKO_8939
 
満員の劇場に藤原竜也さん、平川雄一朗監督が登場。
本作に主演の藤原さんは「去年の夏ぐらいから秋にかけてこの作品を監督に完成させてもらいました。すごく原作のファンがいる作品で、実写版なのですが、面白く素敵な作品になっていると思いますので、皆さん楽しんで帰っていただければと思います。」と挨拶。
福岡の試写会の応募数は今年度ナンバーワンで、劇場には4200人の中から選ばれた400人が集ったそう。
本作のメガホンを務めた平川監督は「4200人から選ばれた400人…。という強運の持ち主の皆様にお会いできて、この映画を見てもらえるということは、本当に嬉しく思います。今日は楽しんでいってください。」と挨拶しました。
 
原作の「僕だけがいない街」は“このマンガがすごい!”3年連続ランクイン、“マンガ大賞” に3年連続ノミネートされ、映像化のオファーが殺到し権利争奪戦となった三部けい原作の大人気コミックス。
実は、藤原さんは原作を知らなかったそうで、作品を読んでみるとすごく面白く、「(知らなかったことを)本当に損をしてる気分になった。」と語り、「特に<リバイバル>って現象は皆さんわかってると思うんですけれども、18年前の小学生時代に戻っちゃうんです。そこの子供時代の描写がすごくあたたかくて、悲しくて、懐かしさを感じさせる感動させるいい作品だなと思って読みました。」と、作品を大絶賛。
さらには、「今回実写化するということで、大変なことだろうなと思ってたんですけれども、鈴木梨央ちゃんと中川翼くんが、監督の厳しい指導のもと(笑)、原作のファンの方たちを裏切らない、子役時代を輝かしくやってますので、期待して見ていただけたら。」と、子役たちの活躍を明かしました。
 
本作のメガホンを務めた平川監督は、「最初1巻だけ読んだんですけれども、これはすぐ映画にしたいなと思いました。」と、早い段階で映画化を考えていたそう。
また、実写化にあたり、藤原さんは「今回は実はですね、楽しくやらせてもらったんですけれども、架純ちゃんのほうが大変だったんじゃないのかなと。僕は…誤解を招いてはいけないんですけれども、楽しく、ラクに、やらせてもらいました(笑)」と、笑いを誘い、平川監督が「見ていただければわかるんですが、本人自身にはいっぱい嘘があるかもしれませんが(笑)藤原君のお芝居は嘘がないですから。モニターで見てる限りは『お芝居に嘘がない人だな』と思いました。」と藤原さんの演技を大絶賛。
 
また、注目してほしいシーンをMCより問われると、平川監督は「この作品はミステリーで、いろんな仕掛けが原作から色々あるんですけど、仕掛けをよ~く見てもらって、たくさんの人のたくさんの想いがいっぱい詰まってるんですね。だからひとつでも何か多くのものを見つけて帰ってもらえれば嬉しいなと思います。」とコメントを寄せました。
 
映画や舞台の仕事で何度も福岡に足を運んでいる藤原さんは博多の印象を「ご飯もうまいですしね。僕はよく芝居でこっちに来ることがよくあるんですけれども、芝居が終わったあとみんなで、飲み行っておいしいもの食べる楽しみがすごくある街だなって印象です。」と語りました。
 
 
★最後に一言
藤原さん:
3月19日初日ですけれども、僕らもうひとふんばりで、これから広島行って宣伝活動のほうをしていきたいと思っています。
初日に向けて皆さんの応援が非常に大きな力となると思いますので、見終わったあとに多くの方に宣伝していただければ嬉しいなと思っております。

平川監督:
みなさんが楽しんでもらえることだけを考えてつくりました。
あとは「僕だけがいない街」っていうアニメ、漫画、映画とたくさんやってますんで、たくさんの人にこの映画を、ラッキーなみなさんが少しでも多くの人に広めていただけたらなと思います。

初日舞台挨拶決定!

舞台挨拶上映回のチケットは完売しました。

3月19日(土)下記劇場にて、舞台挨拶を開催します!
 
【舞台挨拶のチケット購入方法】
2016年3月19日(土)の初日舞台挨拶は、全席指定制(定員入替制)となります。
この座席指定券は、<チケットぴあ>のみの販売となります。
※お席はお選びいただけません。
※チケットの販売は、お一人様4枚までとさせていただきます。
 
 
【実施日時・会場】
■ ユナイテッド・シネマ豊洲 10:00の回上映後<Pコード:555-395>
登壇者(予定):藤原竜也/有村架純/平川雄一朗監督
■ 新宿ピカデリー 14:10上映前<Pコード:555-396>
登壇者(予定):
藤原竜也/有村架純/及川光博/鈴木梨央/中川翼/石田ゆり子/平川雄一朗監督
■ 109シネマズ二子玉川 15:30上映後<Pコード:555-397>
登壇者(予定):藤原竜也/有村架純/平川雄一朗監督
 
 
【料金】
全席指定 2,000円
※プレミアペアシート 6,400円(2名様) ユナイテッド・シネマ豊洲のみ
 
 
【チケット販売方法】
≪最速抽選販売「いち早プレリザーブ」≫
■ 申込受付期間: 3月5日(土)11:00 ~ 3月10日(木)11:00
■ 抽選結果発表: 3月10日(木)18:00
■ 引換開始日 : 3月10日(木)18:00~
●いち早プレリザーブとは? http://t2.pia.jp/guide/ichihaya.html
 
≪先行抽選販売「プレリザーブ」≫
■ 申込受付期間: 3月7日(月)11:00 ~ 3月11日(金)11:00
■ 抽選結果発表:3月11日(金)18:00
■ 引換開始日 3月11日(金)18:00~
●プレリザーブとは? http://t.pia.jp/guide/prereserve.html
 
≪先行抽選販売に関する注意事項≫
※ チケットのお申込は、お一人様4枚までとさせていただきます。
※ チケット当選後の変更・払戻は出来ません。予めご了承ください。
※プレリザーブとは、事前のお申し込みの後、チケットを購入できるサービスです。
※ 必ずしも優先的に良いお席をご用意するものではありません。
※ お申込多数の場合は抽選にて当選者を決定します。(先着順ではありません)
※ お申込は受付期間中ならいつでもOK。(メンテナンス時間をのぞく)
 
 
【一般販売】
3月12日(土) 10:00AMより販売開始
≪一般発売に関する注意事項≫
●お近くのチケットぴあのお店、下記のコンビニ、もしくは電話予約、インターネットでお求めいただけます。
●チケットの販売はお一人様4枚までとさせていただきます。
●お席はお選びいただけません。
 
■インターネット購入
チケットぴあ http://w.pia.jp/t/bokumachi/
 
■直接購入
チケットぴあのお店 営業時間 10:00~20:00【営業時間は店舗によって異なります】
サークルK・サンクス 営業時間 朝5:30~深夜2:00【発売初日は10:00~】
セブンーイレブン 営業時間 0:00~24:00【発売初日は10:00~】
 
■電話予約
チケットぴあ音声自動応答 TEL:0570-02-9999
※要Pコード・自動応答24時間受付
(毎週火・水 2:30〜5:30はシステムメンテナンスのため受付休止)
 
●チケット購入に関するお問合わせは、
TEL:0570-02-9111 または http://t.pia.jp/ までお願い致します。
 
≪その他の注意事項≫
●場内でのカメラ(携帯カメラ含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。
●転売目的でのご購入は、固くお断り致します。
●いかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後のチケットの変更や払い戻しはできません。
●当日はマスコミによる取材が入る可能性がございますので、予めご了承ください

12