ニュース

漫画家の主人公を演じた藤原さんが衝撃の手書きポスターを披露し一同爆笑!初日舞台挨拶イベントレポート

漫画・アニメともに高い評価を受け、実写映画にも期待が高まっていた『僕だけがいない街』が満を持して3月19日(土)より公開となりました!
その初日舞台挨拶の模様をレポートします。
 
_AAA1145s
 
公開を待ちわびていたファンで満席となった新宿ピカデリーでは上映前舞台挨拶の開始前からボルテージは最高潮!
藤原竜也さん、有村架純さん、及川光博さん、鈴木梨央さん、中川翼さん、石田ゆり子さん、平川雄一朗監督の7名が呼び込まれると場内からは大きな拍手が沸き上がりました。
 
藤原さん「ようやく初日を迎えられ、こんなに大勢の方に集まっていただき感謝しています。雨はやみましたか?緊張と不安もありますが、これから観ていただいてどんな反応をいただけるか楽しみでもあります。楽しんで下さい。」
有村さん「今日は天気がどうなるかと思ったけど、雨もやんだようで良かったです。去年の夏に皆で一生懸命作った作品ですので、よろしくお願いします。」
石田さん「大勢の方に来ていただき、ありがとうございます。藤原さんが雨男なので、やっぱり!と思いましたが雨がやんで良かったです。」
及川さん「苦しくも楽しい現場でした、口下手なので多くを語れないですが、よろしくお願いします。」
鈴木さん「出来上がった映画をみてハラハラドキドキしました。すごく面白くて見ていただくと感じるものがあると思います。」
中川さん「初めまして!今日この日をとても楽しみにしていました!」
平川監督「やっぱり竜也は雨男ですね(笑)。この日を迎えられてとてもうれしく幸せです。これからご覧になる方々の前なので、ネタバレはしゃべれないですけど、よろしくお願いします。」
とそれぞれ挨拶をしました。
 
MCから映画の現場がどうだったか聞かれると、雨男疑惑がもちあがった藤原さんは「そういえば雨で3日位撮影ができない時があって、自宅で待機なんて“楽だな”なんて思っていたら後半になるにつれスケジュールが厳しくなっていって、石田さんとのシーンなんて普通は撮影が中止になるような台風が直撃した日にやりましたよ(笑)。悟の役は、大変ではあったけど、いい意味で楽しくやらせてもらいました。子ども時代の二人の方が大変だったと思います。」といつもと違った役柄を演じ新鮮だったことを伝えるとともに、子役への気遣いも見せる男前なコメントで会場を盛り上げました。
 
有村さんは演じた愛梨の役柄について「すごく難しくて、監督と話し合いながら創り上げていきました。人の心に入り込むことができる役柄で、悟への好奇心で近づいていくのが、うっとおしく見えないように心がけました。」と答え役作りへのこだわりを語りました。
 
石田さんは演じるにあたって「藤原さんの母親というのがはじめは腑に落ちなかったけど(笑)、翼くんのお母さんでもあり、原作で素敵に描かれている役だったので、演じられて幸せだったし、楽しかったです。」と役に対しての思いを伝え、及川さんは子役と一緒の現場が多かったことについて「同業者でライバルだと思ってやっていました(笑)。翼とはお芝居のことも良く話したし、梨央ちゃんは言うことが無いくらい凄い!人生設計も完璧で先輩について行きます!」とコメントし会場を沸かせました。
 
また今回演じた雛月加代が「今までで一番大変だった。」とかねてから語る鈴木さんは「加代の気持ちになろうと、原作を何度も読んで表情を真似したり、ドキュメンタリー作品を見て、自分で追い込んでいくのが難しかった。」とコメントし、そのしっかりした答えに周囲を感心させました。
また子供時代の悟を演じた中川さんも「見た目は子どもで中身は大人という役を演じるのは難しかったけど、監督に追い込んでもらえたから役に集中できました。」とコメントしましたが「ちょっとつらいときもありました。」と本音がポロリとでて周囲の笑いをさそいました。
 
平川監督は子役に対しても厳しかったことをつっこまれると恐縮しながらも「役者の皆さんの影の努力が凄いなと思いました。」と感謝の意を述べました。さらに、本作において謎解きが重要な要素の一つということで、藤原さんと有村さんにマル秘裏話を聞くことに。藤原さんがMCから何か裏話が無かったかと聞かれると「裏話…ありました?皆普通じゃなかったですか……。」と思いつかない様子。すると有村さんが「先日取材の際に藤原さんに私の似顔絵を描いていただいたんですけど、すごく独特で…。」とコメント。藤原さんも「漫画家志望の役なので。」と応えると、MCに促され藤原が直筆で映画のポスターを書くこととなりました。「絵は描いたことないんですよ。」と言いながらもいざパネルが持ち込まれると筆も軽やかに書き始めますが……。
 
_CCC6404s
 
完成したポスターが披露されるとあまりの独特さに場内も微妙なリアクションに。
MCに翼くんどうですか?と聞かれると言葉に詰まりながらも中川さんは「じょ、上手だと思います。僕は本当にこんな絵描けない…。」とコメント、鈴木さんも「上手です。」石田さんも「上手だと思います。」と続けますが、及川さんが「駄目だと思うよ。」と一刀両断。立ち位置すらも逆に描いてしまった藤原さんに突っ込みを入れていました。
 
_CCC6410s
 
最後に藤原さんが「皆で大変な思いをしながら創り上げた作品がようやく公開となりました。大人気原作ということで監督にも大きなプレッシャーがかかったと思いますが、ご覧いただいて気に入っていただけ無かったら監督に言って下さい(笑)。一人でも多くの方にご覧いただきたい作品になっていますので、皆さんの声援を力に変えていければと思いますので、気に入っていただけたら応援よろしくお願いします!」とコメントし、大盛り上がりの舞台挨拶は幕を閉じました。