最新情報

全てはここから始まる――。初出し満載の最新映像《予告Ⅱ》が遂に解禁!

この度、映画『鋼の錬金術師』の最新映像≪予告Ⅱ≫が完成! 最愛の母親を亡くした兄・エドと弟・アルの波乱に満ちた冒険と成長のストーリーを描く本作。最新映像≪予告Ⅱ≫では、少年時代の兄弟のシーンから始まります。

錬金術の天才的な才能を持つ幼い兄弟は、亡き母にもう一度会いたいという想いから、“人体錬成”の理論にたどり着きます。しかしそれは、錬金術師にとって絶対に犯してはならない禁忌でした……。錬成は失敗。エドは左脚を、アルは身体すべてを人体錬成の“代価”として失い、アルの魂を近くにあった“鎧” に繋ぎとめるためエドは右腕を失います。弟の身体を元に戻すために命をかけるエドと、鎧姿となってしまった心優しい弟のアル。奪われてしまったすべてを取り戻すため――いま兄弟の壮大な冒険の旅が始まる! 

hagaren_008_0403

解禁された映像では、エドの鋼の義肢“機械鎧(オートメイル)”、先日解禁された場面写真が大きな話題となったアルの石獣と戦う姿、そしてエドが武器を錬成するシーンなど、ファン待望の初出し映像が満載! 錬金術を駆使した壮大で圧巻のアクションを予感させる内容となっています。

巨匠ジェームズ・キャメロン監督のもとで『タイタニック』のCGアーティストとしても参加していた曽利文彦監督は「この『鋼の錬金術師』の前半のストーリーで一番刺さるのは、小さな子供たちが母親を取り戻したいという一心で禁忌(きんき)に触れる“タブー”を冒してしまう部分。その見返りが容赦ない天罰という、年齢といったことは一切関係なく背負ってしまうのがある意味リアルです。命というものに係わるタブーを冒してしまった子供たちの背負ったものの大きさというのが、この映画の中核のテーマでもあるのです」と、本映像にあたる禁忌を破ってしまう、すべての始まりシーン、そしてその出来事が映画の壮大なテーマに繋がること明かしています。

さらに曽利監督は本作の映像技術について、「ハリウッドは日本よりかなり先を行っているのは事実です。今まで日本の技術では手の届かなかったところへ“高く飛べば届くかもしれない”というところまで、充実した技術が揃ってきました。そんな今だからこそ、この作品に挑戦したい。本作で前人未到の領域に手をかけてみたい。しかし技術というのは、あくまでも作品の下支えであり“ストーリー”が第一。ストーリーに技術がしっかりと寄り添うことができれば、本当に素晴らしいことだと思います。」と映画化に対する熱い想いを寄せています。

イベント情報

日本最大級のアニメイベントAnime Japan 2017にて、「鋼の錬金術師展」開催日・会場発表!! 荒川弘先生描き下ろしの原画展キービジュアル解禁!

FULLMETALALCHEMIST_EXHIBITION_B5_OL

3月23日(木)から開催となる「Anime Japan 2017」にて、全世界待望の<ハガレン>史上初となる大規模原画展の開催日時と会場が発表されました。同原画展は、東京(9月16日~)と大阪(11月3日~)の2箇所で開催。特別内覧会(9月15日)の実施も決定しています。また原作者・荒川弘先生ご本人が、この原画展のために特別に描き下ろしたビジュアルも解禁! 先生が1枚のイラストを描き下ろすのは、完全版「鋼の錬金術師」18巻(2012年9月発売)以来、約5年ぶり。キービジュアルは、映画公開を心待ちにする原作ファン、そして映画ファン垂涎必至! 主人公のエドワード・エルリックと弟のアルフォンス・エルリックや、ウィンリィ、マスタング大佐など原作で不動の人気を誇るキャラクターたちがそろい踏みのビジュアル! 映画とこの原画展ビジュアルをあしらった両面チラシは、3月25日の「Anime Japan 2017」一般公開日を皮切り配布、東京・大阪の劇場では20万枚限定で配布予定。12月1日の映画公開に向けて‟ハガレン旋風“を巻き起こすことは必至です!

なお、「Anime Japan 2017」のワーナー・ブラザース ジャパン、スクウェア・エニックスのブース内ではポスターの掲出とチラシが配布、アニプレックスのブース内ではチラシが配布されます。また、ワーナー・ブラザース ジャパンのブース内では、昨年の東京コミコンで話題をかっさらった“ロイ・マスタング大佐”の劇中衣装を展示! マスタング大佐は、志高く、遥かなる道を行く焰の錬金術師。冷静な反面、エルリック兄弟や部下のため、自らの身も省みない行動を起こすなど情に厚い面を持ち、コミックの人気キャラクターの1人です。この衣装は、実際に役を演じたディーン・フジオカが着用したもので、原作コミック「鋼の錬金術師」のビジュアルを忠実に再現しています。

■詳細はこちらhttp://www.mbs.jp/hagarenten/

■映画公開記念「鋼の錬金術師展」 概要
<東京会場>
会期:2017年9月16日(土)~10月29日(日) 44日間(休館日なし)
時間:【平日】10:00~17:00 /【土日祝】10:00~17:00(最終入場:閉館の30分前)
会場:東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)
(東京都文京区後楽1丁目3番61号 東京ドームシティ クリスタルアベニュー沿い)

<大阪会場>
会期:2017年11月3日(金祝)~30日(木) 28日間(休館日なし)
時間:【平日】10:00~17:00 /【土日祝】10:00~17:00(最終入場:閉館の30分前)
会場:大阪南港ATCミュージアム
(大阪市住之江区南港北2-1-10)

<展覧会のみどころ>
①貴重な原画の数々
漫画原画の展示数はなんと約100点以上! 物語を読み進めるようにストーリーに沿って展示されます。色彩豊かなカラーイラストも多数展示するほか、荒川弘先生が本展覧会のために描き下ろした特製原画を本展覧会で初公開します。原画のメイキング映像も必見です。 

②絵コンテなどアニメ資料も勢揃い
テレビアニメシリーズ『鋼の錬金術師』の絵コンテや原画を一挙展示します。『ハガレン』を語るのにアニメの歴史も外せません。

③実写映画『鋼の錬金術師』紹介コーナー
12月に公開される実写映画『鋼の錬金術師』を紹介するコーナーです。映画の中で使われた衣装や小物を展示します。このコーナーのみ入場料は不要の無料ゾーンで展示されます。

④人気声優による音声ガイド
展示をより深くお楽しみ頂くために、声優による展覧会録り下ろしの音声ガイドをご用意しております(有料)。

⑤会場限定のオリジナルグッズも!
本イベントに合わせて製作された会場限定商品を取り揃えております。

■チケット
<入場券>
◇前売: 一般・大学生 1,300円 / 中高生 1,000円 / 小学生以下 800円
◇当日: 一般・大学生 1,500円 / 中高生 1,200円 / 小学生以下 1,000円
◇音声ガイド付き入場券
前売:一般・大学生 1,900円 / 中高生 1,600円 / 小学生以下 1,400円
当日:一般・大学生 2,100円 / 中高生 1,800円 / 小学生以下 1,600円
【チケット発売日】先行販売:5/20(土)セブンチケット一般発売:7/12(水)各プレイガイド、アニメイト。 

<特別内覧会>
【販売先】セブンチケット先行販売
【受付】3/25(土) 10時開始特別内覧会受付開始
【料金】3,500円(税込):パンフレット+限定グッズ付
【実施日】2017年9月15日(金) ※完全時間指定制

主催:「鋼の錬金術師展」実行委員会
©2017 Hiromu Arakawa/SQUARE ENIX

最新情報

圧倒的クオリティ!アルフォンス場面写真解禁!公開初日は映画の日【12月1日(金)】に決定!!

HG_Alphonse_170223_2

全世界待望のファンタジー・アクション超大作『鋼の錬金術師』。この度、本作の公開日が12月1日(金)に決定! 一人でも多くの原作ファン、そして映画ファンにお届けするため、今年最後の“映画の日”公開となりました。そして、主人公エドワード・エルリックの弟、アルフォンス・エルリックの全貌が明らかとなる場面写真もついに初解禁となりました。

昨年公開し大きな話題となった特報映像では、リアリティ溢れるアルフォンスの姿が一瞬描き出され、曽利監督による最先端技術を世に見せつけました。今回解禁となったビジュアルでは、初めてアルフォンス全貌が確認できます。ハリウッド大作でも用いられ、本作のために開発された邦画史上初となる技術で、存在を感じさせる生き生きとしたキャラクターを創り上げました。力強い意思を感じせ、何かを見据えるアルフォンスの視線の先に待ち受けるものとは…!? 細部までこだわり抜いた圧倒的なクオリティは、物語のスケールの大きさも感じさせ、本編がより楽しみになる一枚となっています。

公開日が決まり、いよいよ本格始動する本作。山田涼介さんは、「俺がエドなんだという強い気持ちを持って撮影に臨み、CGのアルフォンスを見て、これは大丈夫、実写化できるぞ」と手応えを感じた様子。また、現在撮影を終えポストプロダクション作業に入っている曽利文彦監督は「スタッフ、キャスト一同この作品を本当に実写化できると信じて疑わない人々が集まった現場で大いに士気が上がりました。皆さんの期待を裏切らないよう、原作の本質を大切にこの作品を仕上げていきたいと思います。」と意気込みのコメントを寄せています。

公開日は12月1日(金)に決定、さらなる盛り上がりを見せている本作の続報にぜひご注目ください。

最新情報

遂にティザービジュアル初披露!アルフォンスの姿も公開!“ハガレン”史上初、大規模原画展 今秋開催決定!!

2017年元旦、“ハガレンイヤー”の幕開けを記念して、オフィシャルサイトTOPページにて、ティザービジュアルを初披露! “ハガレン”の世界観そのままの歴史あるヨーロッパの空気を感じる駅構内で、蒸気に包まれたエドとアルフォンスの2人。超ド級の冒険の始まりを暗示する姿が描かれています。またサイト上では、新春の運試しに、特別コンテンツ「ハガレンみくじ」も実施。そしてティザービジュアルに描かれている時計にはある仕掛けが…。果たして、時計に隠された意味とは!?

原作者・荒川弘先生は、「『作品は自分の子供』とよく言われますが、原作が子供ならそこから派生した作品は可愛い孫のようなものです。この度ドラマCDやアニメやゲーム等に加えて実写映画という孫が増えました。完成までまだしばらくありますが、今度の孫はどんなやんちゃを見せてくれるのかな~と楽しみにしています!」と映画化についてコメント。

メガホンをとった曽利文彦監督は、「映画監督として、日本が世界に誇る名作「鋼の錬金術師」を実写映画化できるなんて本当に幸せです。10年もの長い期間、この映画のために開発を続けた映像技術を全編に駆使して、邦画の新しい可能性に挑戦したいと思います。」と語り、さらにイタリアでのロケを敢行した本作については、「イタリアに行きたかった一番大きな理由が機関車です。原作を読んでいて、“機関車”がモチーフとして一番重要だと考えました。兄弟が旅をする話なので移動は全部機関車で移動していて、機関車が日本の機関車だとしっくりこないので西洋の機関車を求めて街を探しました」と、イタリアでの撮影において機関車がいかに重要であったかについてコメント。また曽利監督は、「石畳の風景が欲しかった。日本に現代の石畳はあるが、年季が入った石畳を探すと西洋風の石畳はなく、最近のものだったりする。ある程度年季の入った石畳を探すと、ある面積を必要とするので機関車と石畳を探しました」と、もう1つのイタリアロケでのこだわりを明かしています。

そしてなんと、実写映画の公開を記念して、2017年秋に“ハガレン”史上初の大規模原画展「鋼の錬金術師展」の開催が決定! 詳細については春、発表予定。本作の更なる続報にご注目ください。

最新情報

実写“ハガレン”、マスタング大佐 劇中衣装を世界初披露!日本初上陸の「東京コミコン 2016」にて展示決定!!

壮大なスケ―ル・世界観と想像を超えるストーリーで、海を越えて世界をも魅了、驚異の“ハガレン”現象を巻き起こした今世紀最大級の傑作コミック「鋼の錬金術師」が実写映画化! そしてこの度、12月2日から開催される東京コミコン2016 にて、世界中で熱い視線が寄せられる実写“ハガレン”の主要キャラクターロイ・マスタング大佐(ディーン・フジオカさん)の劇中衣装の世界初披露が決定いたしました!

実写“ハガレン”のロイ・マスタング大佐の劇中衣装は「東京コミックコンベンション 2016」(略称:東京コミコン)のワーナー・ブラザース ジャパン ブース内で展示。本イベントは、アメリカのサンディエゴを発祥の地とし、世界最大級のポップカルチャーイベント。ポップカルチャーのメッカでもある日本、東京での開催を要望するファンの声は年々高まり、ついに日本初上陸! 2016年12月2日(金)~4日(日)までの3日間、幕張メッセ(千葉県美浜区)で開催されます。

マスタング大佐は、志高く、遥かなる道を行く焔の錬金術師。冷静な反面、エルリック兄弟や部下のため、自らの身も省みない行動を起こすなど情に厚い面を持ち、コミックの人気キャラクターの1人。今回、世界初披露となる劇中衣装は、実際に役を演じたディーン・フジオカさんが着用したもので、原作コミック「鋼の錬金術師」のビジュアルを忠実に再現!

本作の衣装を担当した西原梨恵さんは「衣装にリアリティを持たせる為、原作のモデルともなった19世紀の産業革命時代の軍服、中世の甲冑などを参考にし、動きやすいフォルムに仕上げた」と明かし、ディーン・フジオカさんは「文字通り血と汗の滲んだロイ・マスタングの衣装をご覧頂くことで、作品制作にかけるチーム全員のパッションと、映画の世界観を感じていただけたら嬉しいです」とコメント。さらに、本作のメガホンをとった曽利監督は「今回の展示で、映画『鋼の錬金術師』の衣装から映画のリアルな世界観を感じていただき、作品そのものへも是非ご期待ください」と語っています。

なお「東京コミコン 2016」で展示されるマスタング大佐の衣装には、マスタング大佐の象徴と言われる“手袋”が付属されていません。果たして、その全貌はいつ見ることができるのか、ディーン・フジオカさんがどのように着こなしているのか、続報にご期待ください。

【東京コミックコンベンション 2016(略称:東京コミコン)概要】
■会期:
12月2日(金)17:00~20:00(プレビューデー)
12月3日(土)10:00~19:00
12月4日(日)10:00~18:00
■会場:幕張メッセ 国際展示場 9・10
■主催:東京コミックコンベンション実行委員会
■オフィシャルサイト:http://tokyocomiccon.jp/

<ディーン・フジオカさんコメント>
東京コミコンへの映画衣装出展、大変嬉しく思います。文字通り血と汗の滲んだロイ・マスタングの衣装をご覧頂くことで、作品制作にかけるチーム全員のパッションと、映画の世界観を感じていただけたら嬉しいです。

<曽利文彦監督コメント>
東京コミコンへの出展と聞き、本当に光栄です。米国コミコンの熱気は体験済みですが、日本ではさらに盛大なイベントに成長すると確信しています。今回の展示で、映画『鋼の錬金術師』の衣装から映画のリアルな世界観を感じていただき、作品そのものへも是非ご期待ください。

<西原梨恵さん(映画『鋼の錬金術師』衣装デザイン)コメント>
舞台はアメストリスという架空の国。衣裳にリアリティを持たせる為、原作のモデルともなった19世紀の産業革命時代の軍服、中世の甲冑などを参考にし、動きやすいフォルムに仕上げました。ウエストは締まって見えるように肩幅のバランスを調整。スカートはドレープが綺麗に見えるように何種類かの素材を使用し、動きの中に勇ましいエレガントさが出るよう心掛け、監督と相談しながら、理想の素材、色を引き出すまで試していきました。アメストリス国が本当に存在し、また未来に存在する国のように、登場人物が浮き上がって見えたら嬉しいです。

最新情報

「時は、来た。」待望の超特報映像解禁!ある兄弟の壮大な運命の旅――。波乱に満ちた冒険と成長のストーリーが動き出す!

hagane161116

錬金術が存在するファンタジーな世界観は日本での映像化は不可能と言われ、ハリウッドでの映画化もウワサされた『鋼の錬金術師』。ジェームズ・キャメロン監督の『タイタニック』でCGを手掛けた映像のスペシャリスト・曽利文彦監督の手により、“ハガレン”の錬金術を駆使したアクションシーンの完全映像化に挑む!主役のエドワード役を演じるのは、アイドルを封印し、俳優として本作に臨んだ山田涼介(Hey! Say! JUMP)。

“ハガレン”の世界観そのままの街並みが存在するイタリアでのロケを経て、国内に撮影地を移し8月下旬にクランクアップを迎えたが、公開まで約1年近くもの時間をかけて、現在精密なCG映像を制作中。2000年以降、日本のCG、VFX技術の進歩は目覚ましく、2002年公開の『ピンポン』が日本映画の新たな可能性を拓き、2005年『ALWAYS 三丁目の夕日』、近年では『シン・ゴジラ』(2016年7月29日公開)に登場するゴジラ、『デスノート Light up the NEW world』(2016年10月29日公開)での死神リュークなど、フルCGで制作されたリアルなキャラクターたちによって、日本映画界においても、ハリウッドに負けないCGでの実写映画化の可能性を広げた。『時は、来た。』――そんな今だからこそ、映像化不可能と言われた原作の実写化に挑めたと言える。

初解禁されたく映像では、イタリアロケで撮影された壮大な美しい風景や、山田涼介が熱演する主人公エドワード・エルリックに加え、原作ファン待望の弟アルフォンス・エルリックの姿が! 本作に登場するアルフォンスは、日本映画では不可能とされていた最先端の技術で、全編フルCGのリアリティあふれる姿が制作される。さらに、錬金術によって生み出された何かがエドに襲い掛かる映像も収められており、兄弟の波乱に満ちた旅の始まりに期待が高まる。これまでの日本映画のスケールをはるかに超えるスケールを感じさせる、渾身の特報映像となっている。

全世界待望のファンタジー・アクション超大作『鋼の錬金術師』は来年冬 公開。伝説が、遂に動く!

最新情報

2017映画プロジェクト、遂にクランクアップ!実写「ハガレン」に監督・原作者共に大きな手ごたえ!

hagane160831

壮大なスケ―ル・世界観と想像を超えるストーリーで、海を越えて世界をも魅了、驚異の“ハガレン”現象を巻き起こした今世紀最大級の傑作コミック『鋼の錬金術師』。2001年にスクウェア・エニックス 月刊「少年ガンガン」で連載がスタート、2010年に連載を終了した漫画家・荒川弘の代表作。全世界シリーズ累計部数7,000万部超という空前の記録を打ち立てた。少年誌での連載にもかかわらず、他コミック漫画にないオリジナリティ溢れる設定とビジュアルが男性ファンのみならず熱狂的な女性ファンをも獲得し、連載が終了した現在に至るまで、いまだ人気の熱が冷めないという、もはや日本漫画界を代表する伝説的な作品となっている。

そして、『暗殺教室』シリーズの山田涼介(Hey! Say! JUMP)主演、『ピンポン』で日本映画の新たな1ページを作った曽利文彦監督による2017年最大の映画プロジェクトが、無事クランクアップ! 撮影は3ヵ月の長期間に及び、世界観の表現を追求し、街の建物などにかつて実際に錬金術師が存在した名残があるイタリアで6月にクランクイン。イタリアでの撮影は準備期間を含め1ヵ月間。日本各地でのロケ撮影を経て8月26日(金)にクランクアップを迎えた。

山田をはじめとするキャスト陣は、ハードなアクションから、エモーショナルなシーンまでを見事に演じ分け、国民的漫画原作の映画化という重責を担い、緊張感を保ちながらも監督・スタッフとの厚い信頼関係を築き全力で撮影に臨んだ。撮影中盤8月5日(金)に撮影現場を訪れた原作者・荒川弘は、キャスト・スタッフにねぎらいの言葉をかけると、精巧に作られた衣装やセットを興味深く見入り作品の世界感が見事に表現されていることに満足。現場に掲げてあった看板に直筆でイラストを描き、一同はより一層士気を高めてクライマックスシーンの撮影に挑んだ。

約3カ月間におよんだ撮影を終えて、曽利監督は「制作においてはこれまでの日本映画ではやったことのない撮影スタイルを取るなど、新たな日本映画の可能性を追求してきました。イタリアでの撮影から始まり、約3ヶ月、キャスト、スタッフと共にリアルな映像については撮るべきものは撮れましたので、後は私には作品を完成させる義務があります。これから1歩1歩作りあげて行こうと思っています。ファンの皆様には、原作やコミックのテーマ、魅力を込めつつ、実写だからこその“カタチ”をスタッフ、キャストで議論を重ねながら、作りあげたものとなりますので、是非応援頂けたらと思っております」とコメントし十分な手ごたえと完成に向けての意気込みを語った。

「ハガレン」の代名詞とも言える心理描写やアクション、エドワードとアルフォンスの兄弟の掛け合いと錬金術の映像表現などがどのように表現されているのか?映画『鋼の錬金術師』の今後の動向に是非ご注目ください!