今日は“ヒロイン合格”!! 原作者幸田もも子の手紙&山﨑賢人、坂口健太郎からの花束Wサプライズプレゼントに桐谷美玲が感動の涙!初日舞台挨拶レポート

本日9月19日(土)についに公開を迎えた本作の初日舞台挨拶が新宿ピカデリーで開催され、主演の桐谷美玲さんをはじめ、山﨑賢人さん、坂口健太郎さん、福田彩乃さん、我妻三輪子さん、高橋メアリージュンさん、濱田マリさん、竹内力さん、英勉監督が登壇しました!

0919_heroineA

SNSを中心に「公開日が待ちきれない!」という声があちこちであがっていた本作が、ついに初日を迎えるとあって、初日舞台挨拶のチケットは発売と同時に全ての劇場でソールドアウト。満席の新宿ピカデリーに桐谷さんをはじめ、山﨑さん、坂口さん、豪華キャストと英監督の総勢9名が登場すると、本編を観終えたばかりのお客さんからは割れんばかりの拍手と大歓声が贈られました。

無事に初日を迎えた桐谷さんは「私は4年前にこの映画の原作コミックに出会って、いつかはとりを演じたいなと思っていたので、今日初日を迎えてようやく夢が叶ったなと思い、今すごく胸がいっぱいです。本当に有難うございます。」と目に涙を浮かべて挨拶。
山﨑さんも「今日は朝早くからこんなに沢山の方に見にきて頂けたことを凄く嬉しく思います。」と、坂口さんも「スタッフ、キャスト皆で力を尽くして本当に素敵な作品になっていますので、観た後に映画の感想を話したりして楽しんで頂きたいと思います。」とこの日を迎えられた喜びを語りました。

そんな喜びも冷めやらぬ中、なんと原作者の幸田もも子先生から、コミックのはとりと桐谷さん演じるはとりが並んでいる姿を描いた世界に一つしかないスペシャルな色紙と、お手紙が桐谷さんへ届くというサプライズプレゼントが!
はとりの親友“オナカ”役を演じた福田彩乃さんが、幸田先生の代わりに「美玲ちゃんが4年前から変顔の練習をしていたと言ってくれていたように、その頃の私は美玲ちゃんの髪型や可愛い表情を見ながら、はとりのビジュアルを固めていました。自分の漫画がいつか実写化したら、絶対はとりは美玲ちゃんがいい!と思うようになりました。はとりを演じてもらえた事、本当に感謝しています。」と、作品が実写化されるまでの桐谷さんへの想いが詰まった手紙を読み上げました。「私もずーっと大好きで、コミック最終巻の“『ヒロイン失格』映画化決定!桐谷美鈴”という先生からのメッセージを見て、いつか現実にしたいと強く思っていたので、今本当に幸せです。」と、感動の涙をこぼしながら答える桐谷さんに、すかさずハンカチを差し出す山﨑さん。桐谷さんの感動の涙と、劇中の二人を思い起こさせる山﨑さんの優しさに会場中が感動で沸き上がりました。

0919_heroineB

さらに、突然舞台上から消えた山﨑さんと坂口さんに会場中が騒然とする中、なんと二人がそれぞれに花束を持って再登場!
山﨑さんの手には赤いガーベラ、そして坂口さんの手にはバラの花束が抱えられており、山﨑さんが「桐谷さんは赤が似合うというのと、ガーベラの花言葉が「神秘」で告白の時の定番の花束らしく、挑戦するとか、前に進むといった意味もあるようなので、はとりにぴったりだと思い選びました。」と、坂口さんが「バラは色でいろんな意味があると知って、はとりも色んな感情があるから選びました。また、本数にも意味があって18本という数は“誠意のある告白”という意味なので、弘光ならこれをあげるかなと考えました。」とそれぞ花束に込めた想いを告げ、桐谷さんに手渡すというサプライズ!
桐谷さんからは「やるね~!有難うございます!本当にこの皆といっしょに大好きな映画が作られて良かったと思います。」と感動の言葉がこぼれ、花束を抱えた桐谷さんの姿に山﨑さんからは「今日はヒロイン合格だね!」と太鼓判が押されました。

最後にお客さんに向けて桐谷さんから「スタッフ、キャストの皆さんと本当に心を込めて作りました。映画を観た皆さんが少しでも幸せな気持になってくれて、ずっとずっと愛される映画になったら嬉しいです。今日は本当に有り難うございました!」とメッセージが贈られ、初日舞台挨拶は終始感動に包まれたまま幕を下ろしました。